家庭用の生ゴミ処理機とは?導入のメリット、選ぶポイントを解説!

生活していると必ず直面する家庭のゴミの悩み。

その中でも厄介なトラブルを引き起こすのは生ゴミですよね。

ニオイ(悪臭)を引き起こしたり、コバエ発生の原因となったり、キッチン周りのトラブルメーカーです。

毎年5月以降、全国的に気温が上がり、生ゴミに悩まされる季節がやってきます。

でも、そんな「生ごみ問題」を解決してくれる救世主が生ゴミ処理機、または生ゴミ乾燥機です。

生ゴミを乾燥させて捨てやすい状態にすることにより、ゴミの量削減にも役立ちます。

令和2年よりレジ袋が有料化されゴミ袋に利用しづらくなり、ゴミの処理に困るようになった人も多いのではないでしょうか?

生ごみ処理機を購入した場合、お住まいの地域によっては自治体から助成金が出る場合もあるため、導入を検討している家庭も増えているそうです。

助成金や補助金についてはこちらの記事をご参考ください。

今回は、生ごみ処理機について選び方などを解説します。生ゴミ処理機選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次

生ゴミ処理機とは?

ここ近年、家庭への導入が増えている生ゴミ処理機

そもそも「生ゴミ処理機」とは、生ゴミの減量化に向け、電気系メーカーが家庭用に開発しました。

家庭の生ゴミの量を減らしてくれる機械で、微生物や熱風の力でゴミを分解して少なくしてくれます。

現在の「生ゴミ処理機」はコンパクトなサイズなもので、キッチンに置いても目立たないものや逆にオシャレに彩ってくれるタイプのもの、自宅の庭に置いて堆肥を作れるものまで、形状や処理方法が様々なタイプが販売されてます。

生ごみ処理機のメリット

最近は静音タイプの処理機が多いので基本的にいつでも処理ができます。

なので家庭内に生ゴミがたまらずニオイの原因にもなりにくいです。

処理した生ゴミカスを植物の肥料として使えるタイプもあるので、家庭菜園やガーデニングをしている方には向いているといえるでしょう。

以下、生ゴミ処理機のメリットは

  • キッチンやゴミ箱のニオイ対策に
  • ゴミ出しのストレス軽減に
  • 環境に優しいエコ活になる
  • 自治体から補助金を受け取れる場合がある

です。それぞれ解説していきます。

キッチンやゴミ箱の悪臭対策に

蒸し暑い時期は、少し生ごみを放置しただけで嫌なニオイやコバエが発生してしまいます。

生ごみのトラブルが起こりやすい季節でも、生ごみ処理機があれば悪臭や虫に怯えることなく可燃ごみの日まで安心しておいて置いておけます。

ゴミ出しのストレスが軽減される

ごみ出しの時にも、生ごみはストレスの原因になりえます。

特にゴミ袋が破れて、汚い水分を含んだ生ゴミが溢れ出てきた時は最悪ですね。

でも、生ゴミ処理機で処理した後であれば、乾燥により量も減り重さも軽くなるので、水気や水分漏れに悩まされることはありません。

環境にもやさしい

生ごみ処理機によっては、処理された生ゴミを肥料として再利用できるタイプのものもあります。

ガーデニングや家庭菜園をしている方なら、肥料代を浮かせることができるので経済的です。

また、生ごみ処理機で乾燥させたゴミは水分がなくなるので燃えやすい状態になります。

結果的にゴミを処理する為の火力を抑えることができ、ごみ処理にかかる負担が少なくなります。

家庭用の生ごみ処理機で環境問題にも貢献できるので地球に優しいといえるでしょう。

生ゴミ処理機の補助金について

生ゴミ処理機を使うと家庭から出るゴミの量が減るため、自治体によっては生ゴミ処理機の購入に対して補助金制度を設けているところもあります。

詳しくはこちらで解説してます。

生ゴミ処理機の選び方

生ごみ処理機は、製品よって処理方法や容量、機能などが異なります。

現行の製品の多くが、乾燥式・バイオ式・ハイブリッド式の3つに分類されます。

ご家庭に最適なタイプの処理機を選びましょう。

  • 乾燥式はニオイが少ないのがメリット。
  • バイオ式は肥料が作れるのがメリット。
  • ハイブリッド式は、乾燥式とバイオを合わせたものになります。

それぞれ特徴を詳しく見てみましょう!

乾燥式(熱処理式)

乾燥式は、熱風によって生ゴミの水分を蒸発させ、カラカラ乾燥させます。

家庭用では、乾燥式が多く採用されており、手軽に使えるのがメリットです。

サイズは小さいものが主流で、キッチンに置いても邪魔になりません。

最近では静音タイプの処理機も販売されているので、夜間に使用しても問題ない場合が多いです。

また、面倒な手入れが少なく扱いやすいのも特徴です。

バイオ式(微生物式)

バイオチップなどと生ゴミを混ぜて、微生物の力で生ゴミを分解します。

5時間~1日程度かけて容量を1/10以下にし、残ったカスは堆肥として使うこともできます。

音も静かなことがメリットです。

バイオ式は定期的にバイオチップの入れ替えが必要になり屋外に置くタイプが多いです。

植物を育てる目的や家庭菜園を行われている家庭以外では、特にメリットはないと思います。

ハイブリッド式

基本的にはバイオ式と同じ原理となりますが、熱風で熱処理した後に微生物が分解するというハイブリットタイプの機種になります。

しかし現在はハイブリット式の生ゴミ処理機は珍しく、価格が高いものしか販売されてません。

生ゴミ処理機の使い方は?

基本的には操作が簡単なものが多いです。

生ゴミ処理機に生ゴミを入れて、フタを閉めてスイッチを押すだけ!

あとは数時間から半日ほど待てば処理が終わります。

生ごみ処理機のタイプによって、

  • 防臭用のフィルター交換
  • 処理機の洗浄

が必要になります。

メーカーによってさまざまなので、購入の際にチェックしておきましょう!

生ゴミ処理機を選ぶポイントを知っておこう

ご家庭にあった生ゴミ処理機を選びましょう!

購入する際は、以下のポイントをチェックしてくださいね。

  • 価格ランニングコスト
  • 設置場所
  • 処理能力

価格とランニングコスト

本体価格はもちろん重要ですが、ランニングコストも比較して検討しましょう。

バイオ式はバイオチップなどの費用が、熱処理式は光熱費がかかります。

その他、防臭フィルター代が必要になる機種もあります。

設置場所

生ゴミ処理機は、屋外に置くタイプと室内に置くタイプに分かれます。

庭に置くなら雨風が当たらない場所に置く必要がでてきます。

キッチンに置く場合は、邪魔にならないか?景観を損なわないか?など気にする必要があります。

その他共通して、処理中のにおいや騒音は気にならないか?など確認しておきましょう。

量に合わせた処理能力

容量に関しては1kg前後のものをオススメします。

家庭で出る1日あたりの生ゴミ量は4人家族の場合、500g〜600g。

あまりにも小さいと毎日稼働させる事になり大変です。

少し余裕のある大きさを選んだ方が良いです。

自分の家で一日にどのくらいの生ゴミが出るのかを把握し、その量に合わせたサイズの生ゴミ処理機を検討しましょう。

まとめ

生ゴミを自宅で処理できる生ゴミ処理機。

生ゴミ処理機をスムーズに活用するためには、屋内外どちらに置くか、一度に処理できるゴミの量や価格や維持費などを複数の要素から比較し、最適な生ゴミ処理機を選んでください。

ご家庭のライフスタイルに合ったものを選ぶことがポイントです。

特に気温が上昇しはじめる5月以降は、生ゴミ問題に悩まされる人も多くなります。

ご家庭に生ゴミ処理機があると・・・

  • 夏場の生ゴミ臭
  • 可燃ゴミの収集日
  • 鬱陶しいコバエ

と、いった生ゴミトラブルの原因を気にすることなく快適に過ごすことができますよ。

生ごみ処理機の購入を検討されている人の参考になれば幸いです!

当サイトで一押しの生ゴミ処理機

ルーフェン(Loofen)生ゴミ乾燥機 SLW01 です!

【期間限定】

\ 10,000円OFFクーポン貰える! /

目次